2008年10月01日

スノーボードの盗難に気をつけよう!

秋も深まった感じがしますね。
結構寒くなってきましたし。

ここまで寒くなると、次の季節が気になります。
そう、冬。
雪山のシーズンです。

僕は、スノーボードをやっているんです。
あれは、そう、スノーボード1年目の冬でした。

その年、僕は気合を入れてバートンのスノーボードを買いました。
CUSTOMってモデルで、イラストがブレーメンの音楽隊だったっけなぁ。
「良い道具使うと、上達も早いよ」っていう薦めも合ってのバートンです。
ボード、バインディング、ブーツ合わせて12万くらいだったかなぁ。
ウェアとか入れたら20万くらい。

スノボーやる前に気合入れてそのくらいの出費をしたわけよ。
コレだけ金かけたらやるしかないだろ〜って。

さらに、シーズン券も買っちゃいました。

その年は、行きまくりましたねぇ。
で、やっぱり上達が早かったように思います。
スノボー自体、上達が早いスポーツですが、やっぱり道具が良かったんですかね〜
ドンドン上達するのが楽しかったですよ。


そんなある日。

友人と一緒にスキー場に行きました。
午前中滑って、お昼です。
ボード置き場にみんなで固めてボードを置いて、
食事に行きました。

帰ってくると、あれ?
ここに置いておいたはずのボードが・・・無い。

周りを見渡しても。。。無い。

何処にも・・・無い。

盗られたがく〜(落胆した顔)


マジデ〜
友人も探してくれたんだけど、見当たらない。
暗くなるまで、スキー場を去る人を見続けたが、それっぽいボードは見当たらない。

マジ、凹みました。

それまで、スノボーやる人に悪い人はいない。
なんて思ってましたが、それは世間を知らなかったアマちゃんだったわけです。


次の週、それまで毎週スキー場へ行っていたんですが、
ボードが無い週末、自分の中にポッカリと穴が開いた気がしました。
楽しく滑れるようになったスノーボード、このまま終わっていいの?
シーズン券買ったのに、このまま終わっていいの?
それに、スノボー泥棒に負けたくなかったので、
安かったけど新しいボードを買いなおしました。

その後も何とか楽しいスノボーライフを楽しんだ年でしたが、
やっぱりボードから離れるのが怖かったです。
戻ってきたら、またボードがなくなっていたらどうしよう?
そんな不安が、食事に言ってもずっと付きまとうんです。


やっぱり、自分の大切な道具は、自分で守るしかありません。

なので、僕から盗難対策をいくつかお伝えしておきます。

・スノボーから離れるときは、どんなに短い時間でも鍵を付ける
・可能な限り、スノボーから離れない。
・出口近くのスキー置き場は危険。鍵のワイヤー切られて持ち去られる可能性あり。
・そのため、休憩は出来るだけスキー場の中腹の休憩所を使う

参考になればうれしいです。



ブログランキングに参加してます
応援よろしくお願いします。
banner_02.gif

posted by ひでっち at 22:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。